■車両規則書■
基本仕様(参加車両の最低限ルール)
車両規則書に記入が無い改造・交換はできません。

【1】保安部品
ウインカー、ミラー、テールライト、スタンド、タンデムステップは取り外してください。
エンジンのキルスイッチを必ず設けること(バンドルクリップを握ったまま操作が出来ること)
ヘッドライトを付けること(4時間耐久&8時間耐久の決勝 16:00よりライトON)
※ライトオンが出来ない車両は、決勝走行できません
※耐久スタート時のライトオンは自由とします。(常時点灯でもOK)

【2】タイヤ
スリックタイヤは使用できません。タイヤへの追加工は禁止します。
使用限度を超えているタイヤの使用は禁止します。

【3】ボディーワーク
カウルの変更は可 但し、突起物と判断された場合は使用できない。
ハンドルを左右いっぱいに切った時、タンクやカウル等と指をはさまないようにしてください。
フルカウル車両のフロントフェンダー取り外しは出来ますが、フルカウル非装着車両の場合は、フロントフェンダーは必ず付けてください。
4stクラス車は必ずオイル受け(オイル溜まり)を設けること。
同メーカーのタンク流用はOKとする。但し取り付けの際、ステイなどはボルト固定のみとする。フレーム切断・溶接などの取り付けはNG
※燃料タンクの社外メーカータンク使用・加工は一切できません。(GP100クラスは除く)

【4】突起物
車両にライダー等を傷つける恐れのある突起物(尖ったレバー、破損して鋭利になった部分)がないように気を付けてください。

【5】チェーンガード&スプロケットガード
全車にチェーンガード&スプロケットガード(フロント及びリア)の取り付けを義務付けます、チェーンガードについては、メーカー純正で装着されているもので十分です。※スプロケットガードの取り付けの為の加工は可

【6】ゼッケン
フロントゼッケン・サイドゼッケン3面に出来るだけ大きく見やすい数字のものをご用意ください。
※リアーシート形状により、左右のゼッケンを張るのが、困難な場合は、車両の後方から見て分かるように、シートカウル上部ゼッケンを付けてください。また、アンダーカウルの後端左右にサポートナンバーをつけてください
ゼッケン色・ゼッケンベース色の指定はありません。但し番号が分かりやすい色にしてください。

【7】オイルキャッチタンク
オイルキャッチタンクを必ず装着してください。転倒時に容易に外れたりしないよう固定してください

【8】ガソリンキャッチタンク
ブリーザー付燃料タンク及びキャブレターに必ず装着してください。
キャッチタンク中を空にしておくようにしてください。

【9】オイルドレンボルト・オイルフィラーキャップ
ワイヤーロックするようにしてください。又、フィラーキャップをブリーザーチューブ等に装着するために変更している場合は、ホース等が容易に外れないように固定してください。

【10】加工・変更可能な部品
オイルポンプ・クラッチ・ミッション・スプロケット・チェーン・ブレーキ関係
キャブレターのセッティングパーツ・エアークリーナBOX・ラジエター
フロントフォーク・スタビライザー・リアサス・ハンドル・レバー・ステップ
純正ミニバイクフレームに同メーカーの純正エンジン交換可(NSRにエイプ用エンジンに変更等)
※取り付けの際、最小限のフレーム加工等は可
※エンジン取り付けで、安全上問題が有ると判断された場合は走行できない。
電装パーツ類(CDI・プラグ・プラグコード・発電装置・バッテリー)
NSR50とNSF100の総合利用は可、但し、安全上問題が有ると判断された場合は走行できません。

【11】ヘッドライトの取り付け
純正ライトもしくは、LEDライト等を外れないよう固定すること(マグライトでもOK 但し、外れないようステイ等で頑丈に固定すること)
オリジナルライトの場合は、操作上問題が出ないよう固定してください。
ガラス製ライト使用の場合、飛散防止の為、クリアーテープを付けてください。
※PIAA製のライトを推奨します。

【12】テールランプの推奨
テールランプの取り付けを推奨します。但し、テールランプはヘッドライトと連動していること。

【13】大会時に交換パーツについて
大会時に重要部品交換時は再車検を受けること
※重要部品とは、タンク・エンジン・フレーム等


◆2st−SP50クラス
【1】エンジンパーツ関係の加工・交換は出来ません。
※エンジンパーツ関係とは、ヘッド・シリンダー・クランク・クランクシャフトです。
【2】マフラー・チャンバー・サイレンサーの加工・交換ができます。
【3】排気量UPは出来ません。(50cc)
【4】その他変更に関しては、基本仕様を満たしていること。

◆4st−SP100クラス
【1】エンジンパーツ関係の加工・交換は出来ません(同メーカー、純正パーツ流用はOKです。)
※カムの流用例  XR80・エイプ100・XR100・NSF100の流用可
※エンジンパーツ関係とは、ヘッド・カムシャフト・シリンダー・ピストン・クランク・クランクシャフト・クランクケースです。
【2】キャブレター・マフラー・チャンバー・サイレンサーの加工・交換ができます。
【3】排気量UPは100cc以下までです。
【4】オイルクーラーの取り付けはできます。(取り付けの為の最小限の加工・部品交換はOKです。)
※エンジン保護目的のシャワーヘッドカバー等の取り付けはOKです。
【5】その他変更に関しては、基本仕様を満たしていること
【6】NSF(ノーマル)は4st−SP100クラスとします。変更部品によっては、クラスは変わります。
※横型エンジンは111cc以下までです。(例 モンキー GAG KSRなど)
※KSRのエンジンパーツ関係の加工・交換はできません(交換・変更を行った場合は、GP100クラスになります)

◆4st−GP100クラス
【1】改造・変更は自由です。 但し、安全上問題が有ると判断された場合は走行できません。
【2】排気量UPは100cc以下までです。
【3】 基本仕様 【1】〜【9】 【11】 【12】を満たしていること

お知らせ

◆主催◆
Honda Safety &RidingPlaza Kyushu
HSR九州
〒869−1231
熊本県菊池郡大津町平川1500
TEL 096-293-1370